ビジョン・政策

■ 大村小太郎の目指す「教育ビジョン」

「幼少期」

大人の価値観を押し付けず、制限をせずにやりたい事を伸ばし、

失敗を恐れずにチャレンジする行動力を養う。

「青少年」

一人一人の精神を「依存心」から「自立心」へと変革し、

「思考力」と「人格力」を育むことにより、公共心を持った独立を目指す。

「成年」

地位や経済力などのステータスではない、本当の人生の目的を見つけ、

「知行合一」を体現しながらも社会の根本的な問題に向き合い、

自分自身が納得した答えを見出す。

教育ビジョン,5つの教育

 

■ 大村小太郎が練馬区で目指す「8つの政策」

1.日本第一主義に基づく外国人への社会福祉の見直し

  •  健全な社会福祉実現のため、生活保護(外国人への支給や不正受給)の見直しを行い、本当に困窮した方の支給に限定した上で、既存の生活保護受給者の社会復帰を促すことを目指す。

  •  国民保険の適正運用(外国人の医療目的の利用を制限)及び、国外の扶養親族の不当申請による減税や、それに伴う保険料の適正化を目指す。

2.子供を持っている家庭への育児支援

  •  母子(寡婦)や父子の方への支援(経済・育児など)及び子供のメンタルケアや教育へのフォローを行い、自立した成人になるための最大限の援助を目指す。

3.弱者を生み出さない教育支援策の実施

  •  不登校学生の自立型支援の拡充と支援学習施設の増設を目指す。

4.子供ケアのための予算確保(児童福祉の充実化)

  •  23区の中で唯一、区独自の児童相談所が無い練馬区に、都に依存しない専門性の高い「児童福祉士の養成」と、児童虐待対策への「専門機関の設立」を目指す。

  •  統計のごまかしによる待機児童の削減ではなく、保護者や児童の希望を最大限考慮したマッチングの実現を目指す。

5.学費(奨学金)負担の軽減による若者の未来への支援を実施

  •  区独自の就学援助や給与の補助制度を実現し、学生及び新卒などの若者への給付型奨学金や無利子での奨学金返済への立替支援策の実現を目指す。

  •  保育士・介護士への養成費用援助、給料上乗せ手当、家賃補助、就職準備金の貸付によるバックアップ体制の充実化を目指す。

6.社会人への自立支援による練馬区の活性化

  •  ビジネスをされる方への起業支援やスキルアップ支援として資金調達方法やスキルアップ講座、税制優遇や法人設立への支援を行い、練馬発のイノベーションを創出して社会問題解決の促進を目指す。

7.日本人としての矜持を取り戻す教育により日本の誇りを取り戻す

  •  先人が残した独立国家としての学問の再興により、古き良き日本教育(国史、国体論、修身、武道、地政学、国際法、インテリジェンス等)の復活を目指す。

8.社会インフラの充実化

  •  都営大江戸線の延伸による、大泉町・大泉学園町を通るJR武蔵野線東所沢駅へのインフラ拡張を目指す。

  •  練馬光が丘病院の設備インフラ老朽化における医療機能の拡充により、人口10万人あたりの一般・療養病床数が23区内で最も少ない医療体制の改善を目指す。