平成30年6月16日「東京本部:街頭演説」in 石神井公園駅 

大村小太郎,日本第一党,ジャパンファースト,駅頭,辻立ち,街頭演説,練馬,石神井公園,外国人生活保護,国費外国人留学生制度,

こんにちは!

 

本日は東京都本部の候補者が、僕の活動の主体としている

「練馬区」に駆けつけて下さいました!

 

主に演説を頂いたのは、

「八王子市党員:岡村 幹雄(おかむら みきお)氏」

「国分寺市党員:大木 慎一(おおき しんいち)氏」

のお二人でした。

 

僕と比べて、お二人は活動歴も長く、

そのため、演説のネタもバラエティ豊富でした。

(逆に僕は引き出しが少ないため、ポピュラーな主張を

お譲り頂きました!両先輩ありがとうございます!)

 

演説も安定していて聞きやすく、やはり駆け出しの私とは

違うなぁーと改めて感じました。本当に勉強になります。

 

それから、体調が優れない中で、調布市党員の

朝倉しんのすけ氏もチラシ配りなどをお手伝いいただきました。

 

わざわざ、お越し頂き誠にありがとうございます。

 

そして、何より駆けつけて頂いた東京都本部及び

近隣支部の党員の皆様、本当にありがとうございました。

 

皆様から沢山の支援を頂けたおかげで、

無事に街頭演説を終えることが出来ました。

 

必死に声掛けしてチラシを配って頂けた方、

重い機材をセットして動画を撮影して頂けた方、

風にも負けず、演説中ずっと党旗を支えられた方、

お声掛け頂いた方に党の説明をして頂けた方、

本当にありがとうございます!

 

今回、自分一人で行う街頭演説よりも規模が大きいこともあり

その分大きな協力が必要でした。

 

でもその甲斐あり、たくさんの練馬区民の皆様に

日本第一党を周知することが出来ました。

 

チラシを受け取って頂ける方も非常に多く、

自ら欲しいとバスのロータリーで待っている時に

手を出してくださる方もいらっしゃいましたし、

書いている内容を「これは凄いまともな事書いてるよ!!」と

夫婦でお話ししていたり、「今の政治家は信じられないから、

応援している!頑張れ!」と応援を頂ける方も

多くいらっしゃいました。

 

こうして、どんどんと日本人の方に僕たちの主義主張が

ご理解いただけている事を感じると、こうして行動していることが

本当に人の期待を背負っているんだと痛感いたしました。

 

だからこそ、僕らは人一倍「志」を高く持ち、

その上で前を歩んでいかなくてはいけない

改めて気を引き締めることにもつながりました。

 

今回の街頭演説では、いつも以上に大切な多くの事を

再確認できました。

 

僕は僕なりに、この素晴らしい日本のため

出来ることから始めていきたいと思います!!

 

日本第一主義!Japan First!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください