平成30年6月9日「街頭演説」in 石神井公園駅 

大村小太郎,日本第一党,ジャパンファースト,駅頭,辻立ち,街頭演説,練馬,石神井公園,外国人生活保護,国費外国人留学生制度,

こんにちは!コタローです!

本日、石神井公園駅にて街頭演説を行いました。

 

普段、朝夕に駅前で立っている時は、

あいさつ運動としてご挨拶をさせて頂いております!

 

ですので、土日については政治活動をメインにして、

政治的主張を発信していこうと思います!

 

また、本日は非常に暑い1日になりましたが、

各地の党員の皆様が駆けつけてくださったおかげで

多くの方に対して「日本第一党」の存在と

その主張をお届けすることが出来ました。

 

チラシに目を通してくださる方や

主張に耳を傾けてくださる方、

そしてお声をかけて頂ける方、

本当にありがとうございます!

 

その中でお一人、ご年配の女性の方で

外国人ばかりが優遇されている現状について

具体的な事情は個人情報として控えさせていただきますが

生活の中で感じており、非常に生きづらいという事を

お話しして下さる方がいらっしゃいました。

 

その方の切実な事情に、改めてこの問題については

何とかして訴えていき、社会や行政を変えていかなくてはいけないと

強く心に誓いました。

 

今日は石神井公園駅からですが、明日はまた別の場所で、

そうして練馬区全体にこうした主張を広げていき、

行く行くは日本全体を巻き込んでいきたいと思います。

 

今東京を含め神奈川、大坂、京都、福岡と全国で

私と同じように日々魂の声を発信し続けている同志がおります。

 

もし、お近くで私たち日本第一党の者が演説をしていましたら

ほんの5分で、いや1分でいいです。耳を傾けて頂ければと思います。

 

私達は既存政党の様に利権がございません。

そのため、まだまだ小さな政党かもしれませんが

その分既存政党には言えない事もいう事が出来ます。

 

本当に今日本に必要なこと、この日本において急務な課題について

本音で語れることが出来る政党です。

 

ですから、各党員一人一人が街頭でも本音で語れることが出来るため、

その主張は魂を込めた心からの主張であることは間違いありません。

 

単なる、やらされ仕事ではないので、その演説には必ず

「何としてもこの日本を変え、日本をよくしたい!」という

思いが込められています。

 

ですから、どうか近くでお見かけの際は、

ほんの少しでいいからその人の言葉に耳を傾けて下さい。

 

言っている問題や専門用語が分からなかったとしても

きっとその人の思いは伝わると私は信じています。

 

もちろん私も志一つで頑張っていきたいと思いますので、

今後とも何卒よろしくお願いいたします。

 

「外国人生活保護」問題における動画は↓コチラ↓

「国費外国人留学生制度」問題における動画は↓コチラ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください